飲む乾燥対策!?試してみた結果!!

最近、年をとったせいか肌が乾燥してきました。
化粧水やクリーム、加湿器いろいろ試して対策を取ってみました。
対策直後は問題ないんです。でも、やっぱり時間がたつと乾燥してしまいました。

そうして、他にも何かないかな~と思って探してみたら内側から肌をうるおす方法に出会いました!
そして、今私はうるおった生活を送っています(笑)

そもそも乾燥とは?

乾燥対策を行うためにもなぜ肌が乾燥するのかを調べてみました。
若い人の肌が乾燥しないのは、肌の表層にセラミドと呼ばれるバリアがあるからです。このセラミドが壁を作り体内から水分が蒸発するのを防ぎます。
しかし、年齢を重ねるとこのセラミドの量が減ります。つまり、水分の蒸発を防ぐバリアが弱くなります
その結果、年齢を重ねることで肌が乾燥しやすくなってしまいます。

外からの保湿の問題点

肌が乾燥するから保湿を行うために化粧水やクリームで保湿を行っていました。
先ほどの肌の乾燥のメカニズムから考えると、この行為は失った水分を補給しつつ、肌に膜を作ってセラミドの代わりとなるバリアを作るというものになります。
確かに、クリームなどの外からの保湿は短時間は効果を発揮しました。
しかし、時間が経つにつれてどんどん肌がまた乾燥してきました。
化粧水で時間が経つにつれ肌が乾燥する理由は理解できます。
水分を補給しているだけですので、相変わらずバリアが無いのですから、水分はどんどん抜けていきます。
しかし、クリームはバリアをしているのだから水分は抜けないんじゃないかな~と思っていました。
また、調べました(笑)
すると、塗る方法では洗顔などの洗う行為ですぐに取れてしまうことが分かりました。

つまり、外からの保湿方法では長期的な、根本的な対策にはならないことが分かってしまいました・・・

中からの保湿とは?

塗らない、外からではなく中から保湿できないかな~と探していたところ飲む保湿対策を見つけました!
オルビスのディフェンセラという商品です!
飲む保湿対策!?とびっくりしたのですが、2019年1月と最近になって発売された商品です!
なんで、飲むだけで保湿ができるの?と疑問に思いますが、実はセラミド飲んでるんです!
セラミドを飲むことで内部からセラミドを補充してバリアを増やすということですね!
しかも、年齢によって低下したセラミドを作り出す量を増やすことができるんです!!
さらに、トクホの商品なので安心感があります(笑)

使ってみての乾燥

顆粒状で個包装されています。
味はゆず風味となっているのですが、水で飲んでいるため正直表現ができません(笑)
一日一包で良いので毎朝飲んでいます。

使ってみても最初から劇的に変わるという感じはありませんでした。
しかし、飲み始めてから2ヵ月くらい?過ぎたころから気が付いたら夕方から感じる頬の乾燥した感じが無くなっていることに気が付きました!
また、ハンドクリームの使用回数も気が付けば少なくなっていました!!

問題点

問題としては効果を感じるまでに時間がかかることです。
飲み続けることで水分が逃げにくくなるということが科学的に証明されているのですが、この結果を見ても1ヵ月単位で経過を見ているため、やはり速攻性という点では外からの保湿には勝てないみたいです。

そして、もう一つの問題は、売れすぎで届くまでに時間がかかっているということです(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする